私はオルリファストで姉はゼニカル!2人で13キロの減量

事前に知っておくべきこと

肥満は二種類に分ける事ができ、腹から上、つまり上半身に脂肪が溜まりやすい上半身肥満とお腹から下、足や腰回りなどに脂肪が溜まってしまう下半身肥満とに分ける事が出来ます。
上半身肥満の場合にはさらに内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満に分かれ、内臓脂肪型である場合にはお腹の中に脂肪が蓄積された状態となり、皮下脂肪型肥満は皮膚の下に脂肪が蓄積してしまう状態となり前者の際には糖尿病等の生活習慣病を合併する可能が高いと考えられ、また男性や女性の方の外見にも変化が起こりウェスト周囲が男性85女性90センチ以上となると内蔵型の疑いの余地があると言えます。
一方の皮下脂肪型は脂肪を燃焼する為には時間もかかり苦労がかかりますが、何かしらの病気を発病するという事への関連性は無い為、その点に関しては問題ありませんが、肥満は自己管理不足でもあり外見の印象を大きく変えてしまうので美容の意味でも痩せる事が必要です。
過度に食事制限したりする事は、本人の負担にしかならずまた反動で更に太る事もある為、適度な運動を取り入れる事が良いですが苦手な方もおり継続が困難になります。
そこで脂肪阻害薬として米国で誕生したオルリファストが無理をせず体重を管理また減らす事の出来る効果があるダイエットピルがあります。
オルリファストとは、オーリスタットという成分を配合し1錠当たりで120mgの用量となり腸内へと作用するダイエットピルになり、先発薬ゼニカルの後発薬であり同様の阻害薬となります。
オーリスタットが腸に作用する事で脂肪分を分解し体へと吸収させる為のリパーゼの働きを防ぐ事で摂取した食べ物の約30%の脂肪分を体外にそのまま排泄させる事ができ、皮下脂肪となって体に蓄積させれる事を阻止してくれ炭水化物の摂取よりもカロリーの高い食事や脂っこい食事をした際に服用する事で効果を発揮してくれる薬になります。
副作用として排便する回数やお腹が緩くなり下痢に似た症状を起こし、カットされた脂肪分がおならと一緒に出てしまう事があるので衣類や下着を汚さない為にはナプキンの使用やトイレに行く等の工夫が大切になります。